ドスパラ通販で買ったGALLERIA XFを修理へ。その対応に感謝。

BIOS Utility

買ってから1年も経たずに故障ですか…?

ドスパラの通販で、去年の6月にデスクトップPCを購入しました。

購入モデル:GALLERIA XF Windows 7 SSD搭載モデル
グラフィック機能 :【静音FANへ無料アップグレード中】NVIDIA GeForce GTX970 4GB
メモリ:[カスタマイズ] 32GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/16GBx2/デュアルチャネル)
電源:AcBel 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA013)
CPU:インテル Core i7-6700 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
CPUファン:ノーマルCPUファン
CPUグリス:[カスタマイズ] 【オススメ】高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7(20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダー含有グリス)
SSD:[カスタマイズ] 【カスタマイズ特価中】【SSD】 インテル 480GB (540sシリーズ)
ハードディスク/SSD:【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
ハードディスク(追加1) :[カスタマイズ] 【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)

上記のようなスペックで注文したので、税込み22万円ほどになりました。

仕事でパソコンを使うので、動作が遅いとかストレスMAXになるので、極力快適に作業ができるようになるべく高性能で買うのがポリシーです。
(詳しい人からすると、必要ないカスタムをしているかもしれませんが)

ドスパラ通販で購入したGALLERIA XF

ドスパラ通販で購入したGALLERIA XFというデスクトップPCです。

ただ自作するほどPC知識が無いので、評判が賛否両論のドスパラで買うのは正直迷いました。

とは言っても、
・これまで致命的な故障を経験していない
・実店舗が近くにある
・コスパが良い(と思う)

という理由でドスパラ通販で購入しても大丈夫だろう!という結論に。

しかし今回は、購入してまだ1年も経たないパソコンを初めて修理した経緯をお伝えします。

ドスパラの実店舗が近くにあって本当に良かったと思える結果となりました。

見た事もないBIOSユーティリティー画面のループ

2月12日の午前中、普通にパソコンで仕事をしていると、画面が一瞬固まってブルースクリーンに。

ま、再起動すれば直るだろう。

と安易に考えていたのが、この先に訪れる不幸の始まりでした。

再起動すると、今まで見た事もない「UEFI BIOS Utillity-EZ Mode」というマニアしかお目にかからないであろう画面が表示されます。

BIOS Utility

私みたいな一般ユーザーは、こんな画面に対応できるスキルは持ち合わせておりません…

とりあえず、「保存&終了(F10)」と書いてあったので、F10ボタンを押して再起動がされるんですが、立ち上がってもまたこの画面。

何度やっても、この難しい画面しか立ち上がってきません。
当然スマホで対処法を検索しましたが、難しいパソコン用語での解説が大半で、対処法を理解するのに時間が掛かり過ぎます。

ここまでで1時間ほど。
何かポチポチいじってみますが、状況は変わらず。

こういう日に限って、iPadとかノートパソコンとかを持ってきていないという…。
これじゃ仕事にならん!という事で、検索スタイルを変えました。

「ドスパラ 修理」で検索すると評判が悪い

まだ購入して1年も経ってないので、1年間の保障期間内。
ドスパラなら無料で修理してくれるはずだと思って、「ドスパラ 修理」で調べてみたんです。

でも出てくるのは、あまり良くない口コミが多い。
嫌な思いをした人がネット上に意見を書き込む仕組みだとは分かっていても、ちょっと心配になるものです。

修理に出したら(恐らく現場で不具合が発生せず)パーツも交換しないで戻ってきたっぽい、とか。

そもそもドスパラの通販で買ったパソコンの修理は、修理センターに配送する仕組みです。

当然その間(1週間ほど)はパソコンが手元にはありません。
サブ機があるとはいえ、メインのデスクトップが無くなるのは非常に痛いです。

ただ、私の住んでいる名古屋市には、大須にドスパラのショップがあって、持ち込み修理もできそうです。

しかし、いかんせんパソコン本体が大きくて重い。
それを持って大須を練り歩くのはできれば避けたい。

そこで考えたのが、パソコン修理業者です。

持ち込みOKのパソコン修理業者は当日無理の返答が多かった

名古屋には持ち込みでパソコンを修理してくれる業者が幾つかあります。
でも、できるだけ近場の方が持ち込む負担も少ないですし、無駄な移動時間も省けます。

近所にあるお店を見つけたので早速電話をしたのですが、恐らく以下のようなサービス形態の本部に電話が繋がっている雰囲気です。

パソコン修理業者の中身

恐らくこういうビジネスの仕組みで、電話が繋がったのが本部(らしき所)でした。

近くに持ち込みOKと書いてあるお店があったんですが、今から持ち込み予約ってできますか?
オペレーター
あいにく本日は一杯で、最短でも3日後なら承れます。
それでは遅いんで、ちょっと検討します。(もう電話を切りたい)
オペレーター
本日であれば、出張なら今からでも問題ありませんよ。
ちなみに、出張だと別途料金は発生しますよね?
オペレーター
はい。出張費用で5000円、診断費用で3000円は必須です。その後の修理についてはその場で見積もりをお出しするので、そこで検討して頂いて構いません。
(市内から来るのに高いな!)また検討します~

とりあえずこの業者はNGだったので、今度は持ち込み修理をしている実店舗に直接電話をしてみました。

ここのお店はちょっと無愛想な印象を受けましたが、症状を説明すると「恐らく起動に使うハードディスクの故障ではないか?」と教えてくれました。

・当日持込OKだけど、診断するまでに1日は掛かる
・急いで診断して欲しいなら特急料金が別途掛かる
・修理は状況見ないと何ともいえないけど3日は見て欲しい

との事だったので、だったら保証が残ってるドスパラでいいじゃん…と結論に至りました。

ドスパラ大須店に電話してみた

修理業者に当たってみましたが、イマイチ打開策にならなさそうだったので、ドスパラ大須店に直接電話をしました。

そこで症状を説明し、保障期間内であることを伝えました。

・予約も不要で当日持ち込みOK
・お店で簡易的な診断も可能(ワンコイン診断)
という事だったので、早速大きなパソコンを車に積んで大須へGo。

ドスパラの修理について
ドスパラに修理で持ち込みをしても、修理は修理センターで行うので、お店から配送されます。
自分で配送するか、お店から配送するかの違いですが、お店に持ち込むとその場で簡易診断をしてくれるのがポイントです。

大須店の3階が修理の受付です。
先ほど電話を受けてくれた人が、丁度担当してくれたので話もスムーズ。

後にこの人が「神」になる人です(笑)

その場でパソコンを立ち上げてくましたが、私が何度も見た「UEFI BIOS Utillity-EZ Mode」の画面が案の定出てきます。

「もしかしたら、起動用のハードディスクが壊れてるかもしれませんね~」とさっき電話した業者と同じことを言われました。

しかしパソコンの蓋を開けて、中身をゴチョゴチョといじり始めたではありませんか。

こういう対応に期待が膨らみます。
もしかして「詳しい人が触ったら、意外と些細なトラブルだった」という事も十分にあり得るんですから。

で、5分ぐらい色々触っていたら、Windowsが立ち上がるではありませんか!

あれ!立ち上がりましたね!
店員さん
ん~、もしかしたら接触不良だった可能性もありますね。
ただハードディスクの故障の可能性もあるので、お時間を頂ければ可能な限り診断はできますよ。

何と言うありがたいお言葉…
1時間ぐらいでOKとの事だったので、どっかでお茶して待つことにしました。

診断してもらった結果

「どうか故障ではありませんように…」と祈りながら、1時間後に再びドスパラへ。

あの~、パソコンどうなりました…?
店員さん
診断ソフトを使ってみましたが、ソフト上ではハードディスクに異常は見つかりませんでした。故障ではないと100%の保証はできませんけど、やっぱり接触不良だった可能性が高いですね。
って事は、もう普通に起動できるって事ですか?
ほとんど神
現時点では問題なく使えていますね。とりあえず使える状態にはなったので、様子を見てまた不具合が出るようだったら修理って感じですかね。
助かりました!ありがとうございます!料金はおいくらですか?
マジ神
保証期間内だったので、お代は結構ですよ。
なんと!本当にありがとうございました!
また何かありましたらご連絡下さい。

ドスパラ修理で検索して出てきたネガティブな評判は、この店員さんのお陰で無事に吹っ飛びました。

本当にありがとうございました。
今、あなたに直してもらったパソコンで記事を書いていますよ(笑)

今回で痛感したドスパラ通販のメリット・デメリット

今回は幸運にも接触不良というお店で対応できる事例でしたので、修理センターに配送される事態を回避できました。

しかし、自宅近くに持ち込みができるドスパラの実店舗が無い場合には、100%修理センター行きです。(又は修理業者に頼むか)

となれば、1週間程度はパソコンを手放す必要があります。
仕事で使っていたら、サブPCがあっても非常に痛いです。

私が実体験して感じた、ドスパラ通販でパソコンを購入するメリット・デメリットをお伝えします。

ドスパラ通販のメリット・デメリット
○メリット
・カスタマイズの自由度が非常に高い
・大手メーカー製のパソコンよりも高スペックだけど安い

×デメリット
・近くにドスパラ実店舗がなければ修理は配送センター行き

万が一の不具合が起こった時に、「自分である程度の対処ができる」又は「パソコンが1週間ほど無くても困らない」という人だったら、ドスパラのデメリットは無くなります。

ま、どこで買ったパソコンであっても、今は修理センター行きが普通かもしれませんけど、その辺どうなんでしょうかね?

…何となく記事を書きながら、大半のパソコンが修理センターに配送して修理されるような気がしてきましたが。

うん。であれば、とりあえずのドスパラのデメリットは無くなりますね。

耐久性に関しては、まだ購入して1年も経っていないのでなんとも言えません。
ただ、ほぼ毎日8時間ほど使用している環境という事は付け加えておきます。

私のように「UEFI BIOS Utillity-EZ Mode」の画面が何度も出てきて困っている場合、ハードディスクの接触不良の可能性があります。

起動するハードディスクのケーブルが外れているだけかもしれません。
一度、パソコンを開けてみて、その辺を確認してみてください。

関連記事
この記事の後で同じトラブルが再発し、ドスパラに修理に持ち込んだ記事です。
そこでドスパラの修理に対する悪評が目立つ理由がちょっと分かりました…

ドスパラに再び修理に持ち込んで分かった、悪い評判の理由

2018.01.26
BIOS Utility

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログ管理人の「タカ」です。 名古屋生まれの名古屋育ちで、現在36歳。1児の新米パパをやってます。 当ブログ「ドゥーした。」は基本的に全て私の実体験ベースの記事を更新しております。 詳しい自己紹介は→こちらの<自己紹介ページ>をご覧ください。

2 件のコメント

  • 自作を幾度となくしていますが、今回のような場合

    OS(オペレーションシステム)Windows 7など に行く前に
    Biosという過程をとおります。その間にキーボード・ハードディスクなど
    周辺機器のチェックを行い問題ないとOSに移行し立ち上がります。
    Bios(その間のチェックもろもろ)→OS
    そのためハードディスクが壊れていたり、ドライブの点検順番が逆だと
    Biosの設定「UEFI BIOS Utillity-EZ Mode」たぶんASUS製マザーボード
    の画面が出てきます。
    目安ですがハードディスクは壊れてくる前兆で音が出始めます。「ジー」とが時折「ガガ」とか。
    そのころにはバックアップを取り交換するといいです。

    • コメントありがとうございます。
      また、コメントの返信が遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした。

      どうやらしろさんの仰るように、ドライブの点検順番に問題があったみたいで、その読み込みに不具合が起きていたトラブルでした。
      幸いハードディスクには問題がなかったので、しろさんのアドバイスを参考にバックアップもしておきます!

      やはり自作をされている方のご意見は参考になります。
      ありがとうございました^^

  • お気軽にコメントをどうぞ^^

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。